手軽にできる埋没法としっかり作れる切開法で二重を実現

女性

まぶたを整える

婦人

腫れにくい型

二重まぶたになれる美容整形には埋没法があり、プチ整形感覚で美容外科クリニックなどで施してくれます。施術の流れなどは把握しても、経過やトラブルなどは体験しなければ判断できないところです。術後の腫れやダウンタイムなどまで総合的に判断し、適切な施術が希望者には求められます。埋没法では髪の毛よりも細い医療用糸が使われます。挙筋と皮膚を結び留め、糸に皮膚が引っ張られることで二重まぶたに整形できる仕組みです。挙筋ではなく、瞼板と皮膚を結ぶのが埋没法では主流で、眉毛の生え際に瞼板は存在しています。筋肉に糸を通す利点として、腫れの少なさ・角膜に触れない・眼球を傷つけないなどがあります。難点には持ちがあり、取れにくい方法には留め箇所を増やす・糸の本数を増やすことですが、持ちと腫れは両天秤にかけられ、ダウンタイムを長めに取る必要も挙げられます。

糸に着目してみる

埋没法での二重まぶたの整形では、美しさより、自然な仕上がりを希望する場合に末広型が提案されています。二重まぶたの持ちも平行型と比較した際、皮膚が薄く、まぶた幅が狭い状態で5年以上取れないケースも5割近く挙げられています。まぶたの厚みや脂肪の量は1人1人で違います。クリニックによっては、適応しないことで切開術を提案する場合がありますが、糸を留める数を変える一工夫によって、埋没法が適応する場合もあります。平行型の形状では、糸より切開術が持ちのアップに繋がりますが、糸による埋没法では失敗した場合に修正が利く利点もあるため、試したい際に得策です。腫れもゼロではないため、最低2日間はしっかりダウンタイムを取ることが大切です。

胸を大きくする治療法

胸元

豊胸術は、どの治療法でも術後は胸が硬くならないようにアフターケアとしてマッサージを行うようにすると良いでしょう。脂肪を注入する治療を選ぶことで、より安全に痩身も部分的に行いながら豊胸することが出来るようになります。

詳細

男女が利用できる脱毛

レディー

無駄毛の処理をきちんとおこないたいなら、一般のエステよりもずっと効果が高いレーザー脱毛をおこなっているリゼクリニックの利用を考えましょう。女性だけではなく、男性向けのリゼクリニックもあるため、体毛やヒゲの悩みをスッキリと解決してもらえます。

詳細

根本的な治療

女性

しみ治療を美容整形クリニックで行う際には、治療費ばかりに気を取られるのではなく、自分の肌の状態に合わせて的確に治療をしてくれるところを探しましょう。長年の悩みだったしみは治療を行うことで目立たなくなるため、人気を集めています。

詳細